ボタニカルって?ドレススローのスキンケア試してみました


こんにちは、サイト管理人のMARIEです。

最近、雑誌や芸能人が紹介している化粧品で「ボタニカル化粧品」という言葉をよく見かけませんか??

なんとなく、自然派っぽいけど、正確にはわからない、オーガニックと何が違うのという方が多いと思います。

そこで今回は、ボタニカルとオーガニックの違い、私が実際に使ってみた、お手頃価格で始められる「ドレススロー」のボタニカルスキンケア情報についてお伝えしようと思います。

まずは、ボタニカルとオーガニックについて見ていきましょう。

ボタニカルとオーガニック

ボタニカルもオーガニックも「自然派」「ナチュラル」というイメージがあるけど、何が違うのか解説します!

ボタニカルとは

植物

最近「ボタニカル女子」というワードも出てくるくらい、ボタニカルが流行と言われています。

そもそもボタニカルってどんな意味なんでしょう。

ボタニカルとは

自然の中にある植物のことを言います。もともと「植物の」という意味なので、スキンケア商品に使われているボタニカルは、「植物の力を取り入れて、活力を得る」という意味で使われていて、ボタニカルスキンケア商品やボタニカルシャンプーは、自然由来の成分が使われているという商品だということを意味しています。

自然由来のものが使われているものはボタニカル!ということです。

ファッションでも花柄などの植物系のデザインのものをボタニカルというので、本当に幅広く使われています。

次は、オーガニックについて見ていきましょう。

オーガニックとは

植物

当サイトでもオーガニック商品を多く紹介していますが、オーガニックとは一体??

オーガニックとは

一般的にオーガニックとは「有機栽培」という意味です。そのためオーガニック認証などの基準には使われている植物の○%以上が有機栽培のものではいけないという基準もあります。植物成分が入っているだけでなく、その植物が有機栽培されているかという部分もクリアしたものはオーガニックと言われます。

※ただ、日本ではオーガニックの基準が曖昧で、有機栽培されていない植物成分が1つでも入っていたらオーガニックとして売れてしまうので、毒性の強いなんちゃってオーガニックより、ボタニカル商品のほうがお肌に優しいという場合もあります。

外国では、オーガニックの基準が厳しく、オーガニックでないものをオーガニックで販売出来ない国もあるほどですが、日本はまだまだ基準もあいまいで、特に決まりがなく、企業がオーガニックと言えばオーガニックとして販売できるので、自然派のものを使いたい人は、価格やイメージで購入するのではなく、きちんと成分を確認するようにしましょう。

では、肝心のボタニカルとオーガニックの違いを見ていきましょう。

ボタニカルとオーガニックの違い

ボタニカル

ボタニカルとオーガニックについてお伝えしたので、なんとなく違いが分かったという方もいらっしゃると思います!!

簡単にまとめると、使われている原料が植物成分で有機栽培かどうかの違いです。

ただ、先ほどもお伝えしたように、日本ではオーガニックの基準が曖昧で、植物由来成分が1つでも含まれていたらオーガニックになってしまうので、日本国内だけ見れば、ボタニカルとオーガニックにそこまで大きな違いはなさそうですね。

一番大事なのは、自分のお肌に合うものを探すことなので、このような違いは一つの参考にしてもらえればと思います^^

では、実際にボタニカルスキンケアを実践するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

日々のスキンケアもボタニカルに?

ボタニカル

植物由来の化粧品を使うメリットとデメリットについてご紹介します。

植物を取り入れることによって、お肌にどんな効果があるのか、合わないこともあるの?という点について詳しくお伝えしますね。

ボタニカルスキンケアのメリット

メリット
まず初めにメリットから紹介していきますね。

敏感肌でも使える

植物由来成分の化粧品を使う大きなメリットは「お肌に優しい」ということです。
※石油由来成分の数が多いものは除く

植物由来成分の割合にもよりますが、こだわりを持って作られているボタニカルスキンケアは、敏感肌でも使えるほどお肌に優しいです。

私が使っているドレススローのクレンジングや洗顔の場合も植物性の成分を多く使っているので、刺激の低い化粧品となっています。


こういったものを使うことで、肌トラブルに悩んでいる方も、化粧品を選ぶ幅が広がっていきますね。

植物の力を得られる

植物由来成分の化粧品を使うと、植物の力を取り入れらるというメリットがあります。

植物は数日間水がなくても生きていける生命力や日光の吸収を調節するといった力を持っています。

その力をスキンケアを通してお肌に与えることで、自分自身で潤えるお肌へと導くことが出来ます。

ただし、石油由来成分が多く含まれている場合は、石油由来成分によってお肌を痛めてしまうので要注意です。

ボタニカルスキンケアのデメリット

デメリット
では、次にデメリットについて見ていきましょう。

値段が高い

良質の植物成分を使われている場合、価格が高くなります。

オーガニックでも価格は様々で、使う原料の希少価値、製造方法によって価格が様々です。

ボタニカルも植物由来成分を多く使うので、配合されている量や質、希少価値などによって値段が高くなる場合もあると思います。

なので、自分のお肌に合うか分からな場合はトラアイルから使うことをおすすめします。

私も今回、ドレススローのクレンジングと洗顔をトライアルで使ってみたのですが、お手軽な価格で購入でき、お得感も感じられるのでおすすめです。

見極めが難しい

ボタニカル商品は基準が植物由来成分が配合されているというところなので、お肌に優しいのか、本当に植物の力を得られるのかという部分の見極めが難しいと思います。

オーガニックでは、「石油由来成分を使用していない」という点を目安にしてくださいと、お伝えしているのですが、ボタニカルはさらに基準が曖昧なので、何を目安にというのが言いにくい部分です。

1つお伝え出来るとしたら、「成分を意識する」ことだと思います。

どんな有効成分があるのか、お肌に悪いものは入っていないのかなど、確認するようにするといいかもしれません。

私が今回使ったドレススローの商品については、次の部分で成分もご紹介していくので、ぜひ参考にして下さい。

「ドレススロー」クレンジング&洗顔を実際に使ってみました

ドレススロー

では、私が購入したドレススローのクレンジングと洗顔のトライアルセットの感想と商品説明をしていこうと思います。

ドレススローの商品は天然由来成分85%以上のボタニカルスキンケアアイテムです。

トラアイルセットにはボタニカルクレンジングとボタニカル洗顔石鹸が入っています。

オーガニックコスメで有名な「テラクオーレ」の新ブランドということで、使ってみることにしました♪

ドレススロー
こちらが実際に届くトライアルなんですが、パッケージもシンプルでおしゃれですよね??

ドレススロー
開け口も切り込みがあり、開けやすく、ジップロックになっているので、保存も便利です。

ドレススロー
パンフレットには、商品の使い方、成分解析などが詳しく記載されています。

また、ドレススローのこだわりが6つの約束として記載されているのも、ドレススローの丁寧さが感じられますね。

ドレススロー
6つの約束とは

天然植物原料を使用/感性へのアプローチ/フレッシュな状態でお届け/合成香料等不使用/開発から仕上げまでの全てを国内で/エイジングケア成分も植物由来

オーガニック並みの徹底さでびっくりしました。テラクオーレの新ブランドというのも納得です!

では、それぞれの成分と実際に使ってみた感想を紹介します。

ボタニカルエッセンスクレンジング

ドレススロー

ボタニカルエッセンスクレンジングは、マツエクをしていても使えるオイルクレンジングです。

天然由来成分99%という高配合、2種類のローズのエイジングケア成分と4種類のボタニカルオイルが配合されています。

エステ使用のオイルなので、クレンジングをすることで、オイルマッサージ効果が生まれ、ほうれい線やむくみ、くすみをケアしてくれます。

そして気になるのが2種類のローズですよね?

肌老化をケアするローズ

ローズ
クレンジングに含まれているローズは「ダマスクローズプラセンタ」と「ハイブリッドローズ花エキス」の2種類です。
植物性プラセンタは、肌老化の原因である酸化を防ぎ、ローズのエキスは乾燥、しわ、くすみをケアしてくれる効果を持っています。

トライアルに同封されている商品説明のパンフレットには、成分の説明まで詳しく書かれているので安心して使えますね。
ドレススロー

成分

8つの無添加

合成香料/着色料/鉱物油/シリコン/パラベン/合成界面活性剤/紫外線吸収剤/アルコール


ボタニカルエッセンスクレンジングの全成分

パルミチン酸オクチル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、カニナバラ果実エキス、ダマスクバラ胎座培養エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ 果汁発酵液、ハイブリッドローズ花エキス、プランクトンエキス、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール、ハイブリッドヒマワリ油、スクワラン、ホホ バ種子油、アボカド油、アンズ核油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、BG、ナットウガム、PEG-10水添ヒマシ油、水

※赤字の成分は天然由来の界面活性剤です

感想

ドレススロー
オーガニックのクレンジングは、落ちにくいメイクには使えなくて、そんな時は仕方なくケミカルなものを使っていたけど、ドレススローのオイルクレンジングは天然成分なのにメイクも落ちやすくてびっくりでした。

point
ぬれた手でクレンジングを乳化させてからなじませる!

オイルがさっと馴染んでくれて、メイクもするすると落ち、一番左のアイラインは落ちにくいものを使ったのに、こすらなくても落ちてくれました。
ドレススロー

オイルクレンジングはベタベタして、洗い残しが残る印象もありますが、塗るま湯ですすいであげると、顔がベタベタすることもなく、メイク落とし完了です!

ドレススロー
パウチで3回分入っているけど、たっぷり入っているので、上手に開けると1つで2回くらい使えますよ。

ドレススロー
洗い上がりはこんな感じです♪つるっとしていて気持ちいいので、使ってみて下さいね。

ボタニカルエッセンスソープ

ドレススロー

続いては、天然由来成分96%、2層になっているのが特徴のボタニカルエッセンスソープです。

外側の緑の部分は「洗う成分」、内側の白い部分は「潤う成分」が配合されています。
ドレススロー

洗う成分には、セイヨウナシ果汁発酵液(天然のAHA成分)が含まれているので、古い角質もきれいに落としてくれます。

また、潤う成分に、クレンジングにも配合されている2種類のローズが含まれていて、クレンジング&洗顔を通して美容成分もたっぷり補うことができます。
ドレススロー

では、美容成分以外の成分も見ていきましょう。

成分

7つの無添加

合成香料/着色料/鉱物油/シリコン/パラベン/合成界面活性剤/紫外線吸収剤


ボタニカルエッセンスソープの全成分

石ケン素地、水、グリセリン、ステアリン酸スクロース、ミリスチン酸、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、スクロース、ステアリン酸、エタノール、ソルビトール、マルチトール、水酸化Na、スクワラン、ヒアルロン酸Na、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、アデノシン環状リン酸、ダマスクバラ胎座培養エキス、ハイブリッドローズ花エキス、プランクトンエキス、コメ胚芽油、ホホバ種子油、加水分解コラーゲン、銅クロロフィリンNa、カンゾウ根エキス、酸化チタン、マイカ、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、エチドロン酸4Na、BG

※赤字の成分は天然由来の界面活性剤です

泡洗顔パックでお肌潤う

ドレススロー
ボタニカルエッセンスソープは、泡立てて使うのですが、洗顔後、泡をつけたまま1分間放置!で泡パックの役割をしてくれます。

このエステ風パックを行うことで、つるっとしたお肌が手に入ります。

トライアルサイズでも実施に体験できるので、届いたら早速やってみてください♪

感想

ドレススロー
私も実際に使ってみて3日目になりますが、洗い心地がすごくよくて、すすいだ後もお肌がつるっとしています。

寒くなってくると、洗顔後お肌がどんどん乾燥してしまう感じがするけど、ドレススローの洗顔せっけんは保湿成分が含まれているからか、洗顔→化粧水を焦らなくてもいいのでお気に入りです。

ドレススロー
素手で泡立てるのは難しいので、私は泡立てネットを使っています。

point
一気に泡立つタイプではないので、ぬるま湯を少しずつ足しながら泡立てましょう

気軽に始められるトライアルセット情報

ドレススロー
ボタニカルスキンケアしてみたい、ドレススロー使ってみたいという人におすすめのトライアルセットについてもう少し詳しくお伝えしますね。

私も実際に使ってみて口コミレビューしているのですが、他の人の口コミもここで紹介したいと思います。

みんなの口コミ

年代別おすすめオーガニックコスメ

20代女性

出産を期にナチュラルやオーガニックに興味を持つようになりました。
ママになってもきれいにはこだわりたい私にドレススローはぴったりです。
洗った後のつるんとしたお肌の感触が気に入ってます。

30代女性

使い始めて1週間ほどたったころから、お肌がワントーン明るくなりました。
夕方になると乾燥しがちだったお肌が、1日中潤っているヘルシー肌に!

40代女性

スキンケアの時間がリラックスできる自分へのご褒美の時間になりました。
香りとテクスチャが気に入っていて、使い続けていると肌のしぼみも気にならなくなりました。

公式サイトから抜粋

セット内容と価格

ドレススロークレンジング&洗顔のトライアルセットの内容と価格はこちらです。

ドレススロー
ボタニカルエッセンスクレンジング(3回分)
ボタニカルエッセンスソープ(1週間分)
690円(税抜)
送料無料


まだ気になる部分があるという人は次にQ&Aも用意しているので、参考にして下さい。

Q&A

Q&A

読者さん
合成界面活性剤を使っていないのに成分に界面活性剤が入っている?

なちゅ
すきん
合成界面活性剤は石油由来の成分で、ドレススローの商品に配合されているものは天然由来の界面活性剤です。イソステアリン酸PEG-60グリセリルは天然由来成分ではありませんが、刺激の少ないものを使用しています。ボタニカルなので、全てがオーガニックというわけではありません、お肌との相性を見ながら使ってもらえればと思います。

読者さん
なぜ天然由来成分100%ではないのですか?天然由来以外の成分は何を使用していますか?

なちゅ
すきん
商品の安定のために石油由来成分を配合することもあります。BGはクレンジング後の感想を防ぐために配合しています。

読者さん
ウォータープルーフのマスカラも落ちますか?

なちゅ
すきん
ウォータープルーフのものは落ちにくい場合もあります。ポイントメイクオフを使うか、クレンジングをしっかりなじませて下さい。

読者さん
保管方法は?

なちゅ
すきん
石鹸は水分を含むと溶けていく可能性があるので、湿気の多いお風呂場ではなく、洗面台など、乾きやすい場所に保管すると良いでしょう。

読者さん
使用期限は?

なちゅ
すきん
未開封の状態で3年、開封後は3か月以内の使用を推奨しています。


まとめ

長くなってしまいましたが、ドレススローのトラアイルを紹介させていただきました。

今まではどちらかというとオーガニックばかり使っていたのですが、今回はテラクオーレからの新ブランドということで、ボタニカルスキンケアにも挑戦してみることに!!

洗浄力が強いものを使うと肌がガサガサになる私ですが、ドレススローのクレンジング&洗顔は汚れを落としてくれるのに、肌が荒れるということはありませんでした。

ボタニカルやオーガニック、いろいろありますが、大事なのはお肌に合うものを見つけることなので、トライアルセットなどを活用して自分に合うスキンケアを見つけていきましょう。





キーワード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。