合成の紫外線吸収剤


紫外線対策にと、合成の紫外線吸収剤を配合したUVケア製品がたくさん販売されています。

SPFの数値がどんどん高くなり、高ければ高いほど人気のようです。

合成の紫外線吸収剤の代表は、オキシベンゾンで、配合量が高くなるほど、肌に負担がかかってしまいます。
配合量に上限が定められているものもあり、オキシベンゾンであれば、配合上限10%、PABA(パラアミノ安息香酸)は4%と定められています。

また、オキシベンゾンやエチルPABAなどの紫外線吸収剤は、旧厚生省がアレルギー性が高いとして「102の表示指定成分」に掲げていた成分です。


合成の紫外線吸収剤は、長期間使用すると、真皮に入り込んで、逆にシミやくすみの原因になると言われています。

合成の紫外線吸収剤の種類
オキシベンゾン、エチルPABA、ジメチルPABAオクチル、サリチル酸フェニル、サルチル酸メチル、シノキサート

オススメのオーガニック日焼け止め



キーワード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。