バリア機能を破壊する!合成界面活性剤について


合成界面活性剤とは、水と油を合わせるときに使われる成分です。
原料は、石油、植物油、動物油脂などが使われています。

合成界面活性剤は、クレンジング、洗顔料、シャンプーなどの洗浄成分として使われることも多いのですが、乳液やクリームなどを乳化するのにも使われています。

合成界面活性剤が肌に与える影響として心配されるのが、皮膚の奥に浸透して、ジワジワと皮膚バリアを破壊してしまうことです。

乾燥肌で悩んでいる人が多いのは、この合成界面活性剤が原因となっている可能性が高いと言われています。

合成界面活性剤を使い続けることで、乾燥肌になると、さらに皮膚が薄くなり、バリア機能が低下して、敏感肌になっていく危険性もあります。

また、合成界面活性剤がシャンプーに配合されている場合は、髪を保護してくれるキューティクルを破壊するので、髪の毛が補足なっていきます。

頭皮もバリア機能が破壊されていくので、毛根に影響を及ぼし、薄毛の原因になります。

現在、合成界面活性剤の種類は、2000種類もあるそうです。

合成界面活性剤の一例
ラウリル酸硫酸ナトリウム、ポリソルベート、クオタニウムー●、PEG(ポリエチレングリコール)-4  セテスー● ココイルイセチオンNa、他多数(●の部分は、数字が入ります)

おすすめのオーガニックコスメはこちら



キーワード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。