女性の憧れ?SKⅡのクリームの成分を毒性判定してみました!


こんにちは、当サイト管理人のMARIEです。

今回は、人気の高いSK-Ⅱの化粧品は本当に肌にいいのかを検証してみました。

SK-Ⅱってどんな化粧品??

SKⅡ

SK-Ⅱは酒造で働いている人たちの手が驚くほど柔らかく、美しいとの発見から、研究が進み、研究の結果「ピテラ」という成分が発見されました。

ピテラは、特殊な酵母が発酵するときに作られる、液体で、自然の中で生まれる唯一無二の成分です。

このピテラをベースに作られた化粧水が、現在のSK-Ⅱを代表する商品になりました。

SKⅡ

現在は、ピテラベーシックケア以外にも、エイジングケアや美白ケアなど、ピテラを中心とした化粧品を目的別に使えるよう、ラインアップも豊富になりました。

ブランドも有名で、価格も高い化粧品なので、すごくいいものだというイメージがありますが、実際のところどんな効果があるのか、トライアルセットを購入してみました。

SKⅡ

トライアルセットの中でも、肌に合わなかった化粧品の毒性を調べてみたので、これから使おうと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

SK-Ⅱ化粧品の成分を徹底調査!

私がSK-Ⅱのトライアルセットを使ってみた中で、特に肌がピリピリしたクリームの成分を検証してみました。

なちゅすきんでは、化粧品毒性判定辞典を参考にして、成分を検証しています。

化粧品毒性判定とは

R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジの毒性判定

SK-Ⅱのエイジングケアの代表商品である「R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ」ですが、私が使ってみたところ、肌がピリピリして目の下からほほにかけて真っ赤になってしまいました。

SKⅡ

世界でも人気が高く、高価な化粧品なので、こんなことになるなんて思ってもいませんでした。

使い心地は、なめらかなクリームで、一般的な美容クリームといった感じです。

香りは、百貨店の化粧品コーナーの香りがします。

化粧品!って感じの香りが苦手な方は、不快感を感じるかもしれません。

では、SK-Ⅱのクリームの成分について、見ていきましょう。

全成分

水・グリセリン・ガラクトミセス培養液(ピテラ)・イソヘキサデカン・ナイアシンアミド・イソステアリン酸イソプロピル・BG・シア脂・トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリン・ペンチレングリコールジメチコン・ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)・(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー・ステアリルアルコール・(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・セタノール・ベヘニルアルコール・パンテノール・酢酸トコフェロール・ベンジルアルコール・酸化チタン・ジメチコノールステアリン酸PEG-100ポリソルベート80(コムギ)・ステアリン酸・セテアリルアルコール・セテアリルグルコシドポリメチルシルセスキオキサンメチルパラベンEDTA-2Naプロピルパラベンオリーブ油PEG-7カルボン酸Naオレイン酸ソルビタンエチルパラベン・エゾウコギ根エキス・加水分解ダイズタンパク・酸化鉄・アーチチョーク葉エキス・ポリクオタニウム-7加水分解酵母タンパク・パルミトイルペンタペプチド-4・メチルシラノールトリ(ヤシ脂肪酸PEG-8グリセリル)メチコン

上の成分で緑字(△)で表しているものは2~3個で毒性1個(■)、赤字(■)のものは1つで毒性1個と判定、化粧品クリームの使用不可毒性個数は5~6個です。

つまり、■が5~6個以上のクリームは使用できないほどの毒性を持っているということです。

SKⅡ

今回検証している、SK-Ⅱの「 R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ」は毒性(■)が24個でした。

使用不可基準の4倍もの毒性成分が含まれているんですΣ(゚д゚lll)ガーン

毒性判定に含まれている成分について、見ていきましょう!!

化粧品毒性判定

  • BG(△) 【保湿剤、溶剤、粘度低下剤】
  • BGは、アルコールの一種で保湿剤として使われています。

    グリセリンより低害で、べたつきも少ない成分です。

    害が少ないほうなので△となっていますが、△の成分が2~3種類集まると、毒性と判定されます。

  • ○○パラベン(△) 【防腐剤】
  • SK-Ⅱのクリームにはメチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベンという、パラベン系の成分が含まれています。

    パラベンは1種類ではなく、複数の種類を使うことによって防腐剤としての効果が高まり、その分毒性も高くなります。

    SK-Ⅱのクリームには3種類のパラベンが含まれているので、毒性個数1個という判断になります。

    パラベンは防腐剤の一種で、以前は表示が義務付けられている「旧表示指定成分」でした。

    旧表示指定成分とは、アレルギーなどが出る可能性がある成分のことをいいます。

    最近は低価の「パラベンフリー」化粧品も多くなっていきていますが、パラベンではない防腐剤が使われているものがほとんどなので、パラベンフリーだからといって安心はできません。

    きちんと、成分を見極める必要があります。

  • ペンチレングリコール(■) 【溶剤、殺菌剤、感触改良剤】
  • ペンチレングリコールは、多価アルコールの一種です。

    殺菌効果もあり、パラベン等の防腐剤の量を減らすために、よく使われている成分なのですが、SK-Ⅱのクリームには3種類もパラベンが使われているので、相当な殺菌力を持っていることになります。

    殺菌、防腐剤などは化粧品を腐らせないために必要なものですが、パラベン系やペンチレングリコールなどの石油由来の成分はお肌に必要な菌まで殺してしまい、徐々にお肌のバリアを破壊していきます。

    お肌の常在菌についての記事はこちら

  • ジメチコン(■) 【合成ポリマー、閉塞剤】
  • ジメチコンはシリコーンの一種でシャンプーにも良く使われている成分で、水にも油にも溶けにくいという特徴から、さらっとした使用感で高保湿の化粧品を作る際によく使われています。

    土や岩石に含まれている元素であるケイ素由来ということで、無添加化粧品にも配合されています。

    しかし、油にも水にも強く、薬品のカプセルにも使われるほどのコーティング力を持っているので、お肌に蓋をしてしまい、お肌の代謝が悪くなってしまう危険性があります。

    シミにしてもニキビにしても、お肌のターンオーバを正常化することが美肌への近道なので、お肌の代謝を滞らせるような成分はなるべく避けたいです。

  • (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー(■) 【合成ポリマー、分散剤】
  • ビニルジメチコンとメチコンシルセスキオキサンを合わせた成分です。

    製品ののびをよくし、さらさら感を与えてくれる効果があります。

    ポリマー系の成分も肌を覆ってしまう成分で、肌にサランラップを張っている状態にしてしまうので、お肌に良いとは言えません。

  • (アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー (■) 【合成ポリマー】
  • この成分も合成ポリマーの一種で、アクリル酸ナトリウムとアクリロイルジメチルタウリンナトリウムを合わせたポリマーです。

    化粧品の乳化を安定させる役割があります。

        

  • ベンジルアルコール(■) 【香料、防腐剤、溶剤】
  • 香料の役割もしてくれる石油性アルコールの一種です。

    アルコールは肌への刺激が強く、敏感肌の方は炎症を起こす可能性があります。

    ベンジルアルコールはアルコールフリーの化粧品にも含まれていることがあるので、要注意です。

  • ジメチコノール(■) 【合成ポリマー、消泡剤】
  • ジメチコノールもシリコン系の成分で、合成ポリマーとして配合されています。

    使い心地をよくするために配合されており、使用後は肌がつるつるしていても、肌本来のバリアが崩れていくので、そのうち乾燥肌になっていくという害があります。

  • ステアリン酸PEG-100(■■) 【合成界面活性剤、洗浄剤】
  • PEGが入っている場合は、合成界面活性剤だと思ってください。

    合成界面活性剤は、台所用洗剤などにも使われていて、油を落としやすくしてくれます。

    界面活性剤についての記事はこちら

    お肌に必要な常在菌まで落としてしまい、お肌は肌を守ろうとして皮脂分泌を行うので、ニキビや吹き出物ができやすいお肌になってしまう危険性があるので要注意です。

  • ポリソルベート80(コムギ)(■■) 【合成界面活性剤、変性剤】
  • 水溶性の合成界面活性剤です。

    水溶性の成分は浸透しやすく、化粧品に多く使われている成分です。

    合成界面活性剤がお肌の中まで浸透してしまうなんて、怖すぎますね(; ・`д・´)

  • セテアリルグルコシド(■■) 【合成界面活性剤、乳化剤】
  • 主に乳化剤の役割で使われている成分です。

    なめらかなテクスチャのために、クリームや乳液に使われています。

    まれに、アレルギー反応の報告があるので、敏感肌の方は気を付けましょう。

  • ポリメチルシルセスキオキサン(■) 【合成ポリマー、潤滑剤】
  • 合成ポリマーの一種で、肌に膜を作ってくれます。

    石油由来成分が作る膜は、通気性のない膜なので、皮膚呼吸ができない状態になってしまいます。

  • EDTA-2Na(■) 【キレート剤、殺菌防腐剤】
  • EDTA-2Naはエデド酸と言われ、キレート剤として使用されています。

    キレート剤は有効イオン成分が水に溶けてしまうのを防いでくれる成分です。

    旧表示指定成分に指定されていたので、使用していない化粧品も多く、EDTA-2Naを使いたくない企業はクエン酸を使用しています。

  • オリーブ油PEG-7カルボン酸Na(■■) 【合成界面活性剤、乳化剤】
  • こちらは、陰イオン系の界面活性剤です。

    石油由来の界面活性剤は、お肌のバリアを壊してしまうので、強い毒性判定となっています。

    また、イオン系の成分は肌へ浸透しやすいため、刺激が強いとされています。

    石油由来成分が肌のバリアを壊す理由についてはこちら

  • オレイン酸ソルビタン(■■) 【合成界面活性剤、乳化剤】
  • 非イオン系の界面活性剤です。

    非イオン系の界面活性剤は、イオン系に比べると刺激が弱いとされていますが、界面活性剤ということで毒性が高いとされています。

    刺激の強弱に関わらず、気を付けたい成分ですね。

  • 加水分解ダイズタンパク(■) 【保湿剤、乳化安定剤】
  • 大豆を酵素で加水分解したもので、保湿剤、乳化安定剤の役割をしています。

    大豆はたんぱく質を含んでいるので、たんぱく質にアレルギー反応を起こす人は、アレルギー症状がでる恐れがあります。

  • ポリクオタニウム-7(■■) 【陽イオン界面活性剤】
  • 先ほども紹介しましたが、イオン系の界面活性剤は肌に浸透しやすく、刺激が強いです。

    食器用洗剤にも使われているような界面活性剤です。

    つるんとしたお肌を作ってはくれますが、寝る前につけるようなクリームに入っているのは避けたいですね。

  • 加水分解酵母タンパク(■) 【保湿剤、乳化安定剤】
  • 高い保湿力を持っている成分です。

    毒性が強いものではありませんが、たんぱくが含まれているので、アレルギーを持ってる方は気を付けるべき成分です。

  • メチルシラノールトリ(ヤシ脂肪酸PEG-8グリセリル)(■) 【合成ポリマー】
  • こちらも、合成ポリマーの一種です。

    名前の違う合成ポリマーが多く含まれているので要注意です。

  • メチコン(■) 【合成ポリマー、閉塞剤】
  • 合成ポリマーの一種で、肌に膜を作ります。

    以上が、SK-Ⅱ R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジに含まれている毒性成分です。

    まとめ

    セラミド

    界面活性剤や合成ポリマーなど、1つの成分には配合量が決められているため、複数の成分を使用して、効果を高めています。

    刺激も強く、品質の良い化粧品とはいえません。

    ブランド力で売っているのかなと感じました。

    もちろんピテラは良い成分なので、化粧水など余計なものがたくさん入っていない基礎化粧品なら問題ないかもしれません。

    しかし、夜寝る時にもつけるようなクリ―ムに洗浄力の高い合成界面活性剤が多く配合されているのは、ちょっと怖いです…

    有名だからお肌にいいと決めつけず、きちんと成分も確認するようにしましょう。




    キーワード


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。