紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは?


日焼け止めに配合されている成分を気にしたことはありますか?

日焼け止めだけではなく、乳液や下地、ファンデーション、BBクリームなどのUVケア商品の多くに配合されているのが、「紫外線吸収剤」。

この紫外線吸収剤がクセモノなんです。

お肌を紫外線から守るためにつけるのに、シミやシワの原因になっているかもしれません。

紫外線吸収剤の特徴

日焼け止め

紫外線吸収剤の働きは、紫外線を吸収して、熱エネルギに変えることで、肌への浸透を防いでいます。

しかし、これって、肌の上で化学反応を起こしているんです。この化学反応が、肌にとっては負担が大きいんです!

この紫外線吸収剤の中には、発がん性を含むものがあるため、毒性の強さによって、各UVケア商品への添加量が制限されています。

添加量が制限されているなら、日焼け止めくらい使っても大丈夫!と思われがちですが、紫外線の強い季節になると、UV乳液、UVケア効果のあるファンデーションや化粧下地など、数種類のアイテムを重ねづけしている人も多いと思います。

こうして重ねづけすることで、制限量を余裕で超えてしまうんです。

そして、皮膚細胞を傷つけて、シミやシワになる可能性が高くなるんです。せっかく、白い肌を保つために使うUVケア商品ですが、結果的に肌を傷めていることになるんです。

最近、「SPF50」など、SPF値の高い日焼け止めが増えてきました。
こうした高いSPF値が高いほど、紫外線を防ぐ効果が高くなるのですが、それだけ、肌への負担が大きくなり、肌荒れの原因にもなります。

敏感肌や小さいお子様への使用はオススメできません。

紫外線散乱剤の特徴

紫外線散乱剤のUVカット効果は、紫外線を物理的な仕組みで、散乱、反射させることで生まれています。

散乱剤であるパウダーが肌を均一に覆って、紫外線を肌表面で散乱&反射させることで、紫外線の吸収を防いでくれます。

「UVA」「UVB」など、紫外線の種類に関係なく、防いでくれるのも特徴の一つです。

紫外線吸収剤よりも、肌への負担が少ないので、敏感肌や小さいお子様への使用もオススメです。

HANAオーガニック ウェアルーUV

紫外線吸収剤が配合されていないオーガニックのUVがオススメですが、紫外線カット成分が肌に浸透するのを避けるためにも、ナノ化原料を使わず、大きな粒子のまま配合されています。

そのため、粒子が肌表面で重なってしまって、白浮きの原因となったり、ムラになったりするのが、従来のオーガニックUVの特徴でした。

ウェアルーUV

HANAオーガニックのウェアルーUVは、そのデメリットを排除すべく、独自のオイル分散処理で、粒子間の配置を整えることで、白浮きせず、さらに、透明感のある仕上がりを実現することができるようになった日焼け止め&化粧下地です。

HANAウェアルーUV




キーワード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。