無印のオーガニック化粧品って本物?毒性判定した結果とは…


こんにちは、なちゅすきん管理人のMARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は、無印良品のオーガニック保湿化粧水の毒性判定についてお伝えしたいと思います。プチプラコスメとして人気が高い「無印良品」ですが、本当に肌に優しい成分なのか、本当にオーガニックなのかを検証してみました。

無印良品のオーガニックは本物なのか??

女性 最近、オーガニック化粧品と売られている化粧品が増えてきましたよね??

でも、日本ではまだまだオーガニックの基準が曖昧で、オーガニックでなくても、会社がオーガニックと言えば、オーガニックとして売れてしまうという状況です。


オーガニックコスメの基準は??

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは、農薬など化学合成成分を使用せずに栽培された「有機素材」で作られた原料のことを言い、素材の効能で人間の自然治癒力を高めていくコンセプトで作られています。お肌に低刺激で、敏感肌の方でも使えるのが特徴です。

海外では、「エコサート」「コスメビオ」「デメター」などオーガニック認証が出てきています。
エコサート 各団体によって、基準は違ってきますが、日本では知名度の高い「エコサート」の場合は
  • 合成着色料、合成香料は使用しない
  • PEG、パラベン、フェノキシエタノールを使用しない
  • 遺伝子組み換えされた原料は使わない
  • 動物実験を行わない
  • などの厳しい基準があります。もちろん、オーガニックコスメでもあえて認証を取得していないものもあります。
    なちゅすきんでも紹介しているオーガニックコスメブランド、HANAオーガニックも、あえてオーガニック認証を申請していないオーガニックコスメです。オーガニック認証を取得するには、時間とコストがかかり、リニューアルする際にも海外の機関に申請しないといけないそう。そこに時間をかけるなら、研究開発に時間をかけていきたいという想いから、今はオーガニック認証の申請をしていませんが、エコサートよりも厳しい自社基準でオーガニックコスメを作っています。


    このように、オーガニック団体の認証を受けているものだけが、オーガニックコスメというわけではありませんが、一つの目安にはなりますよね。


    無印良品のオーガニックは??

    無印良品 オーガニック認証を受けていないオーガニックコスメもあるとお伝えしましたが、成分について詳しくなくてもオーガニックかどうか確かめる方法があります。それは、エコサート基準の一つでもある、「 PEG、パラベン、フェノキシエタノールを使用しない」です。

    特に、防腐剤である「パラベン」「フェノキシエタノール」は石油由来の成分なので、これが入っている限り、どのオーガニック認証も受けることはできません。

    無印良品のオーガニック化粧水には、パラベンもフェノキシエタノールも配合されているのでオーガニックとは言えません。
    無印良品 パラベンは旧表示指定成分でもあり、毒性が強いので、敏感肌の方は避けるべき成分です。無印良品のオーガニックは本物のオーガニックではなく「なんちゃってオーガニック」なので、オーガニックなら肌によさそうと選ぶのは間違い。


    オーガニック薬用美白化粧液の毒性判定

    なちゅすきんでは、化粧品毒性判定辞典を参考にしています。
    ▷▷▷毒性判定とは??

    毒性判定では毒性がとても強い成分を■■、毒性が強い成分を■、2~3種類併用すると毒性を持つ成分を△で表示しています。
    化粧水の使用不可能毒性成分の個数は「4個」なので、■の数が4個を超えると、肌に害を与える化粧品だということです。
    では、無印良品のオーガニック薬用美白化粧液の成分を見ていきましょう。

    オーガニック薬用美白化粧液の成分

  • 無印良品のオーガニックの薬用美白化粧液の全成分
  • ビタミンC・2-グルコシド、酢酸DL-α-トコフェロール、水、DPG、濃グリセリン、アロエ液汁、ジグリセリン、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na-2、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、オレイン酸POE(20)ソルビタンエタノール、セージエキス、タイムエキス-2、セイヨウハッカエキス、ラベンダーエキス-1、ローズマリーエキス、アルテアエキス、カモミラエキス-1、トウキンセンカエキス、BG、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、エデト酸塩フェノキシエタノールパラベン香料


    赤字が■■OR■、緑字が△と判定された成分です。この中で毒性が強いと判定された成分をご紹介します。

  • オレイン酸POE(20)ソルビタン(■■)【合成界面活性剤】
  • オーガニックに「合成界面活性剤」はありえません。一般的にPEGが入っているものが合成界面活性剤だという印象がありますが、この難しい名前の成分も合成界面活性剤の一種です。合成界面活性剤は、お肌を外部の刺激から守ってくれている「肌のバリア」を壊し、慢性的な乾燥肌、敏感肌になる原因になります。化学物質が含まれているので、お肌の内部でアレルギーを引き起こす危険もあります。5年後、10年後、きれいなお肌でありたいなら、避けたい成分です。

  • エデト酸塩(■)【キレート剤】
  • エデト酸塩は、EDTA-2Naとも言われ、旧表示指定成分の一つです。アレルギー反応を起こす可能性がある成分ですが、多くの化粧品に使われています。低刺激のはずのオーガニック化粧液にこれが含まれていることに驚きです(;^ω^)

  • フェノキシエタノール(■)【防腐剤】
  • 先ほど、オーガニックの基準でもご紹介した「フェノキシエタノール」です。化学性の防腐剤が入っている時点で、オーガニック認証を受けることはできません。日本では、オーガニックの基準が定められていないので、少しでもオーガニック成分があれば「オーガニック化粧品」だと名乗ることができます。なので、日本では違法でも嘘でもありませんが、世界基準で見たときにフェノキシエタノールが入っている化粧品はオーガニックとは言えません。

  • パラベン(■)【防腐剤】
  • パラベンは旧表示指定成分に含まれていた毒性の強い防腐剤です。少ない量で製品の安定を保ってくれる成分ですが、敏感肌の方には刺激が強い成分です。最近は、パラベンより毒性が低いフェノキシエタノールが使われていますが、無印良品のオーガニック薬用美白化粧液は、2つとも使われているので、敏感肌の方は気を付けましょう。

    毒性判定の結果

    女性 無印良品のオーガニック薬用美白化粧液の毒性判定の結果は、△が5.5個、■が6個、合計約7.5個でした。化粧水の使用不可個数は4個なので、基準以上の毒性を持っているということになります。オーガニックで肌に刺激が少ないはずなのに、お肌に良くない成分が多くてびっくりですね。

    無印良品さんを非難しているわけではありません、無印良品を愛用している方も多いと思いますが、オーガニックコスメをお伝えする身としては、本当のオーガニックをお伝えしたく、正直に紹介させていただきました。

    まとめ

    日本ではオーガニックの基準があいまいで、なんちゃってオーガニックもすごく多いです。オーガニック認証を受けているかを目安にすることもできるし、パラベンなどの石油由来の防腐剤が入っていないか自分で確認することもできます。オーガニックだと表記されているからと、オーガニックだと思わずに、きちんと成分をチェックしてみて下さい。

    当サイトでは、本物のオーガニック化粧水特集もしているので、オーガニック化粧水に興味のある方は、一度ご覧ください!
    化粧水18選ボタン




    キーワード


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。