石油由来の合成の防腐剤


試験管

化粧品に配合される防腐剤は、腐ったり、カビが生えたりしないよう安定するために使われます。一般的な化粧品の防腐剤として使われているのが、パラベンです。

パラベンは、石油原料から作られた合成成分で、旧厚生省が定めた「102の表示指定成分」の中にも含まれています。

これは、肌へのアレルギー性が認められており、最近では、環境ホルモンになる可能性もあるとも言われ始めています。

パラベンの種類には、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベンがあり、いずれにしても、アレルギー性があります。

「無添加化粧品」によく使われているのが、フェノキシエタノールです。

これも石油原料です。しかし、「102の表示指定成分」には含まれていなかったので、「無添加化粧品」に使用されていますが、合成防腐剤であり、パラベンと同じく、環境ホルモンになると言われている成分です。

他にも、サルチル酸、ソルビン酸、安息香酸、ベンジルアルコールなども合成の防腐剤で、石油原料です。
これらもアレルギー性があるとして、「102の表示指定成分」に含まれていました。

合成の防腐剤の一覧
パラベン、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、フェノキシエタノール、サルチル酸、安息香酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール

おすすめのオーガニックコスメはこちら



キーワード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。