毒性判定結果あり!キュレル保湿クリームのセラミドの効果とは?


こんにちは、オーガニックコスメやナチュラルコスメを紹介している、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は乾燥性敏感肌のためのスキンケア化粧品として有名な「キュレル」の保湿クリームを毒性判定したいと思います。プチプラで乾燥性敏感肌に対応できると、プチプラコスメとしても話題です。最近、CMもよく流れているので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・これからキュレルを使ってみようかな
・キュレルってお肌に優しいのかな?
・キュレルがお肌に合わない


と思っている方、毒性判定を一度参考にしてみてください。

化粧品の毒性判定って?

はてな 当サイトで行っている化粧品の毒性判定とは、化粧品の成分を解析し、お肌に害のあるものが入っていないかを判定するとこをいいます。

毒性判定は毒性の個数を算出、お肌に害を及ぼすかどうかを判断します。

商品別毒性個数の基準

化粧品の種類 毒性個数(■)
化粧水 4個以上
美容液 4個以上
クリーム 5~6個以上
こちらが、今回毒性判定を行う4商品に当てはまる化粧品の毒性個数一覧です。

キュレルってどんな化粧品?

女性
キュレルの保湿化粧品=セラミド配合というイメージありませんか?

実はキュレルに配合されているセラミドは、疑似セラミドという、セラミドに似せて作られた成分なんです。疑似セラミドは数多くあるセラミド成分の中で一番効果が低いセラミドなので、保湿効果ははっきり言ってそこまで高くないと思われます。

今回はこんなキュレルの中から、顔にも使えるボディケア保湿クリームと保湿フェイスクリームの毒性判定をお届けしたいと思います。

キュレルクリームFの毒性判定

キュレル
キュレルクリームFは、ボディケアクリームですが、顔も使用可能と記載されています。効能はこちらです。

・肌荒れ。荒れ性
・皮フの乾燥を防ぐ
・皮フを保護する
・ひび・あかぎれ・しもやけを防ぐ
・皮フにうるおいをあたえる
・皮フをすこやかに保つ
・肌を整える
・かみそりまけを防ぐ

個人的な感想は、ニオイがペンキみたいで、お肌に塗ろうとは思えませんでした(;^ω^)

キュレルクリームFの全成分

アラントイン、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、シクロジメチコン、トリシロキサン、スクワラン、イソステアリルグリセリルエーテル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、イソステアリン酸コレステリル、ジメチコン、ユーカリエキス、ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ジメチルパルミチルポリシロキサン、硫酸Mg、POE水添ヒマシ油、POE・ジメチコン共重合体、パルミチン酸デキストリン、BG、コハク酸、水酸化ナトリウム液、パラベン


毒性成分一覧
成分名 毒性個数(■) 用途
シクロジメチコン 合成ポリマー
トリシロキサン 合成ポリマー
イソステアリルグリセリルエーテル ■■ 合成界活性剤、乳化剤
ジイソステアリン酸ポリグリセリル ■■ 合成界面活性剤、乳化剤
ジメチコン 合成ポリマー、閉塞剤
ジメチルパルミチルポリシロキサン 合成ポリマー、閉塞剤
POE水添ヒマシ油 ■■ 合成界面活性剤、乳化剤
POE・ジメチコン共重合体 合成ポリマー
パルミチン酸デキストリン 油剤、乳化安定剤
BG 保湿剤、溶剤
パラベン 防腐剤
判定結果
クリームの使用不可個数 5~6個以上
キュレルクリームFの毒性個数 13個(△=0.5個)

約2倍の毒性成分の個数なので、お肌には優しいとはいえませんね。毒性成分は体内に染み込むものじゃないから大丈夫という意見もありますが、炎症を起こしやすい体質だったりすると、肌荒れなどを引き起こす可能性が高いので、なるべく毒性の低い低刺激のものを選ぶほうがいいでしょう。

キュレル潤浸保湿フェイスクリームの毒性判定

キュレル
キュレル潤浸保湿フェイスクリームは、スキンケアのワンステップとして使う保湿クリームです。化粧水、乳液の後、乾燥が気になるところに使うクリームですが、これもペンキのニオイがします。アルコールフリーで無香料なので、香りの刺激は弱いはずなのに、なかなか刺激の強い香りがします。

キュレル潤浸保湿フェイスクリームの全成分

アラントイン、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、シクロジメチコン、スクワラン、トリシロキサン、ジメチコン、POE・ジメチコン共重合体、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ユーカリエキス、硫酸Mg、BG、イソステアリルグリセリルエーテル、コハク酸、水酸化ナトリウム液、パラベン


毒性成分一覧
成分名 毒性個数(■) 用途
シクロジメチコン 合成ポリマー
トリシロキサン 合成ポリマー
ジメチコン 合成ポリマー、閉塞剤
POE・ジメチコン共重合体 合成ポリマー
BG 保湿剤、溶剤
イソステアリルグリセリルエーテル ■■ 合成界面活性剤、乳化剤
パラベン 防腐剤
POE・ジメチコン共重合体 合成ポリマー
判定結果
クリームの使用不可個数 5~6個以上
キュレル潤浸保湿フェイスクリームの毒性個数 7.5個(△=0.5個)

ボディケア用のクリームに比べると、毒性成分は少なめで、使用不可個数を少しオーバーするくらいですね。合成界面活性剤も1種類しか含まれていないので、石油由来成分をあまり気にしないという方なら使える範囲だと思います。ただ、ニオイがきついものが苦手な方は避けておいたほうがよさそうです。

お肌に優しいセラミド配合化粧品

セラミド
キュレルはセラミドというイメージですが、疑似セラミドと呼ばれる、セラミドに似せて作られた成分なので、お肌にあるセラミドほど保湿効果はありません。そこで、本物のセラミドがたっぷり配合されていて、天然由来成分90%以上のお肌に優しいスキンケア商品をご紹介!


芸能人の後藤真希さんのインスタグラムにも登場した「ジェイドブラン」というコスメはナノ化したセラミドを配合しているので、角質層まで浸透し、お肌の内部から潤わしてくれます。

ジェイドブラン
天然由来90%以上なので、香りもさわやかで、化粧品ぽい刺激的なニオイは全くありません。セラミドは加齢とともに減少していくと言われているので、セラミドを補いながら保湿ケアをしたいという方にはぴったりのスキン化粧品なので、気になる方は口コミレビューもご覧ください。


セラミドを作りだすお肌を目指したい方

年代別おすすめオーガニックコスメ
セラミドを補っても乾燥する、セラミド配合の物を使ったけど効果はいまいちという方!

自分でセラミドを作れるようなお肌を目指してみませんか?


特に、スキンケアに5種類以上の化粧品を使っているのに、乾燥肌が治らない、保湿化粧品を何種類使っても乾燥するという方は、お肌の内部で微弱炎症が起こっている可能性が高いので、肌内部の炎症を抑えセラミドを作れるお肌へ戻してあげることが必要です。

そこで活躍するのが、HANAオーガニックのスキンケア化粧品です。

HANAオーガニック
セラミドを作る方法、微弱炎症についても詳しく紹介いている記事があるので、長年乾燥に悩まされているという方は、ぜひ1度ご覧ください!
?▷▷▷a href=”http://withinfilm.biz/seramidohusoku-genin/”>あなたの治らない乾燥の原因はコレ!


キュレルクリームの毒性判定を終えて

デメリット
キュレルの毒性判定いかがでしたか??

今回毒性判定を行ったクリームは2つとも基準値オーバーの毒性でしたが、きつい香りから想像していたよりは、少なめでした。正直もっと基準値オーバーすると思っていたので、ある意味意外でした。ドラッグストアなどでテスターがあれば、一度ニオイを嗅いでみて下さい。工作で使っていたペンキのニオイがするので(;^ω^)

まとめ

今回は、キュレルの毒性判定に加え、セラミド配合のナチュラルコスメ、セラミドを自分で作れるようなお肌になるスキンケア情報をお届けしました。どちらのスキンケアも私が実際に試してみたものなので、自信を持っておすすめできます。口コミレビューが見れるリンクを記載しておくので、気になった方は、ぜひ参考にして下さいね。お得なトライアルセット情報も掲載中です~





キーワード