合成香料の危険性とは?アレルギー反応を起こすだけじゃない?


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は、合成香料のお話です。

一般的な化粧品に配合されている香料、これは石油から作られた芳香性化学物質が使われています。芳香性化学物質には、その植物に似た香りを付けることができます。

ラベンダーの香りづけには、エチルアミルケトン、ライラックに似ているテルピネオール、ローズの甘い香りに似ているにはゲラニオール、ゼラニウムの香りに似ているのは、ジフェニルオキサイド、桂皮アルコール、安息香酸などたくさんあります。

実は、これらの合成香料は、アレルギーを引き起こす原因なのですが、ホルモンの分泌にも影響を及ぼすと言われているほか、発がん性も疑われているのです。

合成香料に使用されている成分の毒性について、研究データが少なく、不確かなことも多いのですが、香りの成分は、感覚や神経にダイレクトに作用するので、使用するのは不安ですね。

本物のオーガニックコスメには、天然の精油を使用されています。精油とは、エッセンシャルオイルとも呼ばれ、バラやラベンダー、ゼラニウムなど、水蒸気蒸留法によって抽出されたものです。ただし、その原料にも注意が必要です。農薬を使用していない有機栽培された植物を使ったものがオススメです。




キーワード