皮膚常在菌って何?皮膚への働きとその効果


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。今回は、お肌を外部刺激から守ってくれている大切な存在「皮膚常在菌」についてお話しますね。

私たち人間の身体には、「常在菌」があちこちに棲みついています。

よく知られているのは、腸内細菌。悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れることによって、便秘になったり下痢をしたりすると言われています。

そうした「菌」は、口腔内には口腔常在菌が、女性の膣にはデーダーライン桿菌という乳酸桿菌が、そして皮膚には皮膚常在菌が棲みついています。外界に接触する関所にあたるところには、必ずこの「常在菌」が棲みついていて、病原菌が侵入してくるのを防いでいます。

私たち人間の体には、免疫システムが備わっていて、体内に侵入してきた病原菌と戦ってくれる免疫機能があります。しかし、体内に侵入してくるあらゆる病原菌と戦うことで、それ相応のエネルギーを消耗してしまいます。そこで、ある程度の病原菌を体内に侵入する前に防いでくれれば、体内でのエネルギーの消耗も防げます。その第一関所が「常在菌」なのです。

皮膚常在菌の働き

皮膚表面にも腸内と同様、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌が存在します。腸内環境と同じように、善玉菌が優位の皮膚表面が健康で潤いのあるお肌なのです。
皮膚常在菌 日和見菌は、優位にある方の菌の味方をするので、悪玉菌が優位になると、一気に悪玉菌が皮膚表面に増えてしまい、肌環境は最悪な状態になります。病原菌やアレルギー源の皮膚内への侵入を防いでくれているのが、皮膚常在菌です。

いわゆる、皮膚のバリア機能として働いてくれています。

これらのバランスが乱れることによって、病原菌やアレルギー源が侵入し、皮膚内で炎症を起こしたり、ニキビ菌が増殖してニキビが発生することになります。

常在菌はこうして生きている

皮膚常在菌 皮膚常在菌が皮膚の上で生息していくには、生存するためのエネルギーが必要です。そのエネルギーとなる栄養素が、皮脂腺という毛穴から分泌される「皮脂」や「老廃物」なのです。これらの栄養素を取り込みながら、病原気が嫌う物質を作り出して、体内に病原菌が侵入してくるのを防いでいます。

私たちは常在菌が生き残るために場所を提供し、常在菌は私たちの身体に病原菌が侵入しないよう保護してくれている、まさに共生関係にあります。そのため、皮膚常在菌は決して切り離して考えるものではなく、皮膚と皮膚常在菌は一つのものと考えるのが正しいのです。

皮膚常在菌バランスを崩す原因

皮膚常在菌 皮膚常在菌のバランスが乱れる主な原因は、「洗いすぎ」「石油系界面活性剤」です。洗浄力の強い洗浄剤を使っていたり、石油系界面活性剤配合の洗浄剤は、皮膚に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。
最近、当たり前のようにアルコール消毒が行われますが、消毒のし過ぎも皮膚常在菌バランスを乱す原因になります。冬のカサカサ手あれ、なかなか改善しないという方は、消毒のし過ぎや洗いすぎていないか、今一度考えてみませんか?また、ニキビができているからと、洗浄力の強い洗顔料で顔を洗いすぎるのもNGです。





キーワード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。