医薬品・医薬部外品なら安心?副作用の危険性は?


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は、一般的に販売されている化粧品の種類、医薬品、医薬部外品についてお話しますね。

一般的な化粧品と医薬品、医薬部外品の違い


化粧品には、大きく3つに分類すると、化学化粧品、無添加化粧品、オーガニック化粧品に分けられます。これらは、全成分を表示しなければならないという義務があります。全成分を表示しているんですから、消費者はそれを見て判断しなさいっていうw私たち消費者の自己責任でっていう風潮があります。

医薬品や医薬部外品に関しては、許認可制のため、国の責任のもと、製造販売されています。実は、医薬品や医薬部外品の場合、全成分の表示は義務付けられていません。

医薬品と医薬部外品の違いは?

では、医薬品と医薬部外品の違いはどこにあるかというと、簡単にいうと、有効成分に上限があるかどうか。

医薬品には上限がなく、医薬部外品には上限があります。

これは、どういう意味かというと、医薬品は効果が出やすい反面、副作用の心配があるということです。医薬部外品の方は、有効成分に上限があるので、効果はマイルド。そのため、副作用の心配もすぐにはありません。

医薬部外品だったら安心?副作用はない?


では、医薬部外品なら安心かというと断言はできません。

薬的要素のある成分を肌に塗り続けていると、化粧品を変えるなど、使用を中止したとたん、肌荒れを起こしたりなど、肌トラブルに見舞われます。

多くの人は、「新しい化粧品が合わなかったんだ!」と思い込み、新しい方の化粧品の使用を中止してしまう場合が多いんです。もちろん、新しい化粧品に、肌に合わない成分が配合されている場合もあるのですが。

医薬品の場合は、何か肌トラブルを治そうという目的なので、一時的に使用することが多いのですが、医薬部外品は一般的なに販売されている化粧品にも多く、長期間使用していることが多く、肌がそれなしでは正常でいられなくなってしまうのです。

オーガニックコスメに変えたら肌荒れを起こした!という場合、オーガニックコスメが肌に合わないとすぐに判断せずに、以前使用していた化粧品も見直してみてください。もし、医薬部外品を使用していた場合は、すぐに使用を中止せず、使用を朝だけにする、量を減らしてくなどして、徐々にやめていくことをオススメします。




キーワード