無印良品のオーガニックコスメに配合の石油由来成分とその危険性とは?


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は、衣類、家具、雑貨も充実している人気ブランド「無印良品」のオーガニックコスメについてです。

無印良品のオーガニックコスメ

無印良品にも手頃な価格のオーガニックコスメが手に入ります。雰囲気的には、深いグリーンのシンプルな容器で、ナチュラルな感じ。ですが、実は、石油由来成分が含まれています。

無印良品 オーガニックコスメ
よく知られている石油由来成分だけでも、下図のようにあります。

無印良品 オーガニックコスメ
これらの石油由来成分がどんな影響を与えるのか、簡単に説明しておきますね。

無印良品オーガニックコスメの石油由来成分とその危険性

メチルパラベン

メチルパラベンは、化粧品の防腐剤として配合されます。

2005年8月25日の朝日新聞に、「化粧して外出するとシワやシミが増える?」という記事が掲載された際に、「メチルパラベン」が肌老化の原因になるという内容でした。l

記事の内容では、「皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加した細胞に紫外線を当てると、通常よりも3倍もの脂質過酸化物が発生した」ということが、「京都府立医科大生体安全医学講座(吉川敏一教授)の研究でわかった。」と報道されたそうです。

脂質過酸化物というのは、肌の皮脂が酸化したもので、シミやシワ、ニキビの悪化など、肌トラブルの原因となることは有名です。では、メチルパラベンが配合されていたら、老化を促進させてしまうのか?

「皮膚が吸収する濃度のメチルパラベン」によるるのですが、どのくらいの濃度なのか、量なのかは、明確にはなっていません。法律で定められているのは、化粧品への配合は、1%以下です。もし、この濃度で皮膚に吸収されても、大きな害はないとされています。

プロピルパラベン

比較的、安全性が高いとされている防腐剤ではありますが、薬事法では「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある物質」として表示が義務付けられています。また、環境ホルモン物質の疑いがあり、体内のホルモンと結びつくことで、ホルモンバランスを崩す危険性があるとも言われています。

ブチルパラベン

パラベンには、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベンなど種類があり、この順番に防腐効果が高いようですが、その分、肌への負担も大きいと言えます。ブチルパラベンもプロピルパラベンと同様、ホルモンバランスを乱す危険性があるパラベンです。

ジメチコン

カルボマーは、合成ポリマーの一種で、いわゆるシリコンと呼ばれるものです。合成ポリマーは、お肌がツルツルになったように感じるのですが、これは、ビニールで肌を覆っていることになります。

肌にハリが出たような感覚にはなりますが、これを使いすぎると、肌が自分の力で皮脂を分泌されにくくなったり、セラミドが減少して、保水する機能が低下してしまう危険性があります。そのため、肌質が乾燥肌になっていく可能性大です。

カルボマー

カルボマーとは、カルボキシビニルポリマーの略で、ジメチコンと同様、合成ポリマーの一種です。

ポリマーと一言で言っても、さまざまな材料からできているのですが、カルボマーは、合成樹脂で、酸化や腐敗もしません。そのため、防腐剤や酸化防止剤などを使用する必要もなく、原料費が比較的安価なので、安い化粧品を作るのにも適していて、ゲルやジェルタイプの化粧品によく配合されています。

ジメチコンと同様、ビニールで肌を覆っている状態なので、乾燥肌を招く危険性はあります。塗るとツルンとするのは、上記のような合成ポリマーが配合されているためです。

無印良品 オーガニックコスメ

まとめ

低価格で、敏感肌向けコスメなど肌悩みに合わせた商品が豊富に揃っていて人気のブランドですが、オーガニックな原料は価格も安いものではありません。一般的にスーパーに並んでいる野菜と有機野菜の価格に差があるように、コスメも価格の差にはそれなりの理由があるのです。一部、オーガニックの原料を少し配合しただけでも「オーガニックコスメ」として販売できる日本では、こうした石油由来成分をたくさん使った「オーガニックコスメ」も販売されているので、本物のオーガニックコスメを使いたいという方は配合されている成分も注意して見てくださいね。




キーワード