オーガニックコスメ 日本では基準が曖昧!本物を正しく見分ける方法


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回のお話は、たくさんの「オーガニックコスメ」と呼ばれる化粧品がある中、本物のオーガニックコスメを見分ける方法についてです。

オーガニックコスメと言っても、日本ではその基準が曖昧なため、メーカー独自の基準でオーガニックコスメと謳われている場合があります。オーガニック素材が少しでも入って入れば、オーガニックコスメと呼んでいるメーカーもあります。では、私たちは、何を基準にして本物のオーガニックコスメを見分ければいいのでしょうか??

本物のオーガニックコスメを見分ける方法とは?

HANAオーガニックの代表 林田七恵さんと対談する機会をいただいたときに伺った、「本物のオーガニックコスメを見分ける方法」です。

HANAオーガニック 林田七恵さん
まず、全成分を確認します。そして防腐剤のパラベンが入っていないかどうかを見てください。

パラベンは入っていない、しかし、フェノキシエタノールという防腐剤が配合されていることがあります。パラベンよりも毒性は少ないものの、石油由来成分なので、オーガニックコスメの認証機関では、絶対に審査に通りません。パラベンは、表示指定成分に含まれているくらいなので、毒性が強いのです。少ない量で安定性が高くなると言われますが、敏感肌の方は避けた方がいいそうです。フェノキシエタノールもあまり大差はありません。毒性はパラベンよりも弱いということで、配合されていることがありますが、これが入っていることで、なんちゃってオーガニックコスメだというのが分かりやすい。

さらに、気をつけて確認していただきたいのが、シリコンの一種でジメチコン。リンスやファンデーションにも含まれている成分で、髪や肌をツルツルにしてくれます。乳液などにもよく配合されています。メイクがよくないと言われたり、最近、ノンシリコンシャンプーやリンスが人気なのは、このシリコンが毛穴を詰まらせて、肌の新陳代謝を低下させてしまうからなのです。肌の新陳代謝が低下すると、ダメージを受けた肌の回復が遅くなります。シミなどの原因にもなります。ジメチコンが配合されていると、しっかりクレンジングをしてメイクを落とした状態でも、スキンケアでまたジメチコンを塗っている状態になります。

フェノキシエタノール・ジメチコンは、配合されやすい成分ですので、要注意です。







キーワード