化粧品に配合されている石油由来合成の防腐剤の危険性


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回のお話は、一般的な化粧品に配合されている石油由来成分も合成防腐剤の危険性についてです。

防腐剤の種類

化粧品に配合される防腐剤は、腐ったり、カビが生えたりしないよう安定するために使われます。一般的な化粧品の防腐剤として使われているのが、パラベンです。

パラベンは、石油原料から作られた合成成分で、旧厚生省が定めた「102の表示指定成分」の中にも含まれています。


これは、肌へのアレルギー性が認められており、最近では、環境ホルモンになる可能性もあるとも言われ始めています。パラベンの種類には、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベンがあり、いずれにしても、アレルギー性があります。

パラベンは旧表示指定成分であるため「無添加化粧品」には配合されていませんが、フェノキシエタノールという防腐剤が配合されていることが多いです。フェノキシエタノールも石油原料で、合成防腐剤であり、パラベンと同じく、環境ホルモンになると言われている成分です。

他にも、サルチル酸、ソルビン酸、安息香酸、ベンジルアルコールなども合成の防腐剤で、石油原料です。これらもアレルギー性があるとして、「102の表示指定成分」に含まれていました。

合成の防腐剤の一覧

パラベン、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、フェノキシエタノール、サルチル酸、安息香酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール

石油由来成分がなぜ悪いのか?HANAオーガニックの代表 林田七恵さんにお聞きしている記事があるので、参考にしてくださいね。
▷▷▷石油由来成分がなぜ悪い?体や皮膚に与える影響とは?




キーワード