台湾オーガニック YUAN(ユアン)のソープを使ってみました!


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回ご紹介するのは、台湾のハーバルケアブランド、ユアン(阿原)です。日本にも2010年に上陸。全国各地にも店舗があり、東急ハンズなどにも置かれています。楽天市場Amazonでも購入できます。

ユアン(阿原)ってどんなブランド?

ユアン(阿原)のコスメ、歯磨き粉には、いろいろなハーブが使われているのですが、そのハーブは陽明山という、台湾の国立公園で育ったハーブです。肥沃な大地と清らかな湧き水で育ったハーブには、栄養分が豊富に含まれているうえに、素材をそのまま活かしているので、香りもよく、お肌に働きかけるだけでなく、疲れた心や体も癒してくれます。

化学成分を一切使用していないので、土に還っても安全無害なのも安心です。創始者ユアンの家系は代々、医療と薬草の知識や経験をいろいろと受け継いできました。ユアン自身、敏感肌やアトピー性皮膚炎で悩んでいたので、肌に負担の掛からない石けんを求めて作り始めたのが「ユアンソープ」



農薬などを一切使用せず、自然のままの環境を残した農園で、天然の湧き水を使って、一つ一つのハーブを栽培しています。

YUAN(阿原) 台湾オーガニックコスメ
さまざまな薬草に関する知識が豊富なユアンだからこそ、あらゆる肌状態や体質、体調、気分に合わせた、石けんやシャンプー、エッセンシャルオイルなどが作られています。ユアン(阿原)は、台湾の有名な観光地である九份にもありました。

YUAN(阿原) 台湾オーガニックコスメ
免税店にも売らていたのを見ていたので、ここでは購入しませんでしたが、店内に入ると、アロマ精油の香りがふわーっとして、心が癒されます。石けんも土色のものが多く、心を落ち着かせてくれます。エッセンシャルオイルやマッサージオイルは、テスターがあり、香りを確かめたり、テクスチャーを試すことができます。どれも自然な香りがして、不要なものは入っていないのを感じさせてくれます。ちょっと気になる美人袋。

YUAN(阿原) 台湾オーガニックコスメ
肌本来の機能を取り戻して、美人肌になれそう^^ユアンソープは、帰りに免税店で購入しました。

スライドショーには JavaScript が必要です。



購入したのは、2つの石けんが入ったセットです。免税店の店員さんにお肌の悩みや状態を伝えると選んでいただきました。袋の中には、英語、日本語、中国語のパンフレットが入っています。

台湾オーガニックコスメ YUAN (2)

ユアン(YUAN)ソープの口コミレビュー

もともと乾燥肌なんですが、台湾旅行に行く前くらいから、肌が敏感肌にゆらいでいて、その上、旅行中に台湾の顔の産毛処理、糸脱毛をしたことから、赤くヒリヒリしていたので、乾燥肌、敏感肌向けのソープを選んでもらいました。

台湾オーガニックコスメ YUAN (4)
どのソープなのか、何が原料になっているのかは、中国語と日本語のパンフレットを照らし合わせながら見ることができます。
こげ茶色の石けんは、「くちゃ」

クチャというと、沖縄オーガニックコスメの琉白の石けんに配合されている海泥を思い出したのですが、これは違います。
苦茶油という、お茶の樹にできる実から抽出されるオイルのようです。台湾では、一般的に売られていて、茶畑なんかでも販売しているみたいです。

台湾オーガニックコスメ YUAN (5)
台湾高山の苦茶油は、肌に浸透しやすく、潤い度が高いのが特長なんだそう。

もう一つの白っぽい石けんは、「オートミール」

オートミールをたっぷり配合した、オリーブオイル、ひまわり油からできている石けんです。

台湾オーガニックコスメ YUAN (6)
保湿や炎症を抑える効果のあるオートミールは、ニキビ肌などの肌荒れにもいいみたい。まずは、オートミールの石けんから使ってみました。

台湾オーガニックコスメ YUAN (7)
精油は使っていないということで、香りはほとんどありません。泡立てネットで泡立てると、弾力のしっかりした泡が完成。

台湾オーガニックコスメ YUAN (8)

泡で汚れを落とす感じで洗顔し、洗い流すと、スッキリするのに肌の表面はトゥルンとした潤いが残っているからビックリ。乾燥がひどい秋冬の季節にピッタリの石けんです。石けんは、日によって違うものを使うと、肌に刺激を与えて効果を発揮しやすいと、以前、HANAオーガニックのピュアリクレイを普段使いしつつ、気分や肌状態によって、いろいろな石けんを使うようにしています^^




キーワード